ホーム > 趣味 > 趣味いろいろ >
2012-05-21:初稿

金環日食 撮影

 2012年5月21日は、日本の太平洋側の広い地域で金環日食が見られると大きな話題になってきました。太陽が環になって見えるという、とても珍しい世紀の天体ショーです。当初はテレビで見れば十分、とのんびり構えていましたが、いよいよとなるとやはり直接観察したいと思うようになり、観察用メガネを買い求めて捜しましたが、時すでに遅し! どこも売り切れ状態です。
 東側に面した我が事務所は、ベランダから日食を観察するのに絶好のポイントです。いろいろ調べていくうちに、ビデオカメラのモニターを通して観察することにしました。まず、黒くて大きなビニール袋を捜し、二つ折りにし4枚重ねにし、窓ガラスに貼りつけ太陽を見るとちょうどよく見えたので、これをフィルター代わりにしてビデオを回しました。
 金環日食が東京で前回見られたのは、173年前のこと。また、次に東京で見られるのは、ちょうど300年後の2312年4月8日のことといいます・・・。*。+・☆*。♪・ワー c(*´△`*)っ ーイ・♪。*☆・+。*

6時30分 撮影開始
      

      

      


 午前8時 撮影終了
 さあ、いよいよ金環出現!という時に雲が拡がって、アレレッ・・・目標を見失ってしまいました。よりによってこんな時に!と、慌てるシーンもありましたが、なんとか撮影できて一安心です。∂(o^O^o)∂やったー!

 かつて私が流しをしていた頃、夜空を見上げてはなぐさめられ、月明かりに励まされたものでした。
 LUNA ルナ ”お月さまのように人の心を照らせる歌手になりたい” そう願ってこれからも歌い続けていきます。
 今朝、一体どれだけの日本人が東の空を見上げたことでしょう。感動と興奮の一日でした。

 次の天体ショーも期待しています。
 2012年6月 6日 金星が太陽の前を通過する「金星太陽面通過」
 2012年8月14日 月と金星のかくれんぼを観察できる「金星食」

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック