ホーム > 趣味 > ドライブ・散策 >
2010-05-12:初稿

バスの旅 <東北路>

5月11日(火)〜12日(水)
 軽井沢の上田信金・からまつ会の皆さんとご一緒のバス旅費、東北平泉中尊寺〜松島慣行めぐりに参加。
 東北路は平泉中尊寺・松島五大堂・瑞巌寺から松島湾をめぐり南三陸海岸泊と、バス旅行としてはかなり強行軍ではありますが、何度か参加させていただいて、お知り合いの方も増えて楽しみも大きい旅です。

 朝6:00に軽井沢を出発、軽井沢IC〜上信越道・関越・北関東・東北道とバスは走り、平泉前沢IC〜平泉中尊寺へ着いたのは午後2時過ぎでした。
 平泉中尊寺では、本坊、金色堂、能楽堂等、藤原氏三代の絢爛たる文化と歴史をみることができました。

      

 南三陸の宿泊先では、賑やかな宴会とルナ・ケンゾーの歌と演奏も。

 得意のカラオケも続き、楽しく和やかなひとときでした。  

 翌日はあいにくの雨でしたが、東北随一の禅寺、伊達家の菩提寺である瑞巌寺を見学、本堂は平成の大修理期間中で、本来は本堂に安置している御本尊、藩祖政宗公・2代忠宗公の大位牌、三代開山木像が大書院で特別に公開されており、案内の方から「大修理の終了する10年後にまた来てください。」と、声を掛けていただきました。
 雨降りながら水面は穏やかで、たくさんの島々をゆっくり回ることができて、雨の松島湾めぐりも良かったですよ。

 全員、疲れも見せず無事軽井沢に帰着、おつかれ様でした。

 お誘い下さいました泣Iリオンの高見澤様、からまつ会の皆様、上田信金・長野ツアーズの皆様、お世話になりました。 ありがとうございました。

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック