ホーム > 趣味 > ドライブ・散策 >
2008-05-31:初稿 2008-06-03:更新

釣りは楽し! 佐渡

5月24日(土)
 早朝4:30、小浜さんの車で釣り船へ。今日も穏やかな天候で釣り日和か。新しく入れ替えたばかりというレジャーボートで魚の群れを求めて沖へ、沖へ。
 小浜美晴さんは建設会社、佐渡マリンスポーツを経営し、日々忙しくしながら愛車ならぬ愛船を駆使して海へ出ては「こんなの釣ったゾー。」と釣り上げたばかりの大物の写真をメールで送ってきてくれる。仕事にも遊びにも一生懸命で日本狭しとパワフルに飛び廻っています。

 海の上はほとんど風もなく穏やかで、波も静かでした。澄んだ空気が気持ちよく肌に沁みてきます。もちろん、ライフジャケットはしっかりと着ていますよ。
 ポイントを変えながら魚群を探すのですが、なかなかあたりがありません。私は昨夜の寝不足からかしばらくぼんやり状態が続いて、「船酔いしたか?」と小浜さんに心配をかけてしまいました。申し訳ない。
 サビキにメバルが掛かり出し、私もスッキリ。何しろ次から次へと掛かる。それも一度に4匹も5匹も連なってあがってくるのだから忙しいのです。地元の方からは「きんぎょ」と呼ばれているそうで、赤いきれいな色を帯びた魚です。

 いなだの群れの情報が入り、急遽ポイントへ船を走らせる。その周辺にはすでに何隻かの船がいて、活発な動きをみせており、「忙しくなるぞ。」とワクワクしてきます。海面が黒っぽくなってピチピチと波立ってみえるところに獲物あり。 海面に目を凝らして群れを探す。

 「あそこだ!」獲物の群れを見つけて船を寄せ、ポイントへ仕掛けを投げては少しずつ巻き上げていく。手ごたえあり! 50〜60センチくらいのいなだが10匹、大収穫でした。

 
   

 いなだは刺身で、メバルは小浜さんの奥さんが煮付けてくれて、美味しくいただきました。おばあちゃんが私のために作ってくれたところてん、これもここでしか食べられない美味しさです。

 佐渡の豊かな海とやさしく元気な佐渡の皆さんのおかげで、今回も楽しくて美味しい佐渡を堪能させていただきました。皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。
   


タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック