ホーム > 趣味 > ドライブ・散策 >
2008-04-11:初稿 2008-04-22:更新

釣り 宮古島

 平成20年4月11日(金) 宮古島沖での釣りは最高でした。(釣りはいつでも最高!)
 この旅にご一緒した佐渡の小浜さんがチャーターしてくれた釣り船に乗り込む。小浜さん、高津さん、いつもお世話になります。
 沖縄の海の美しさは素晴らしい! 本物のマリンブルーを目の当たりにして感動です。

 時折海面をスレスレを飛んでスマートな姿を見せてくれるトビウオに歓声を上げながら沖へ出ること1時間。陸はほとんど見えなくなり、今日は海のうねりも比較的静かだというが船の上では何かにつかまらなくては歩けない。実は私は泳げない。普通なら水にはほとんど近寄らないのだが、釣りだけはその怖さを忘れさせてくれるのだ。オレンジ色した救命胴衣の紐を何度も確認する。

   

 はじめはトローリングで船を走らせながら、海面を滑っている浮きが沈むのをじっとみつめて魚がかかるのを待つ。「かかったゾ!」船長さんの声に歓声があがる。竿を思い切りしゃくり上げ、下ろすと同時に右手でリールを巻く。これの繰り返しで格闘5分ほどで魚影が見えてくる。
 ジギングで釣りの醍醐味をという計らいもあり、肝心なところは船頭さんの助けをいただいたものの、カツオ、マグロなど6匹も釣れたのは大収穫であった。今日は私の誕生日でもあり海の神様から最高のプレゼントをいただいたようだ。

 夕食に新鮮なお刺身を食したのはいうまでもない。しかしメタルジクを引きちぎって逃げ去った大物、惜しかった!

 宮古島の太陽をいっぱいに浴びじっくりと育てられたアロエベラジュースを飲み、一年中咲いているというブーゲンビリア、ハイビスカスなど色彩も豊かな花々に囲まれて、ゆったりとした時間を過ごすことができました。感謝。

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック