ホーム > イベント > イベント・コンサート >
2014-09-06:初稿

デイサービス松の家「挽夏の宴」 2014

9月6日(土)
デイサービス松の家 埼玉県北本市東間6−61
 高齢者のための夏フェスを目指し、2009年から今年で6回目の開催となる「納涼祭・晩夏の宴」に出演しました。
 ステージは庭園の一角に広い庭に向かって設けられ、青々とした芝生の感触も心地良く、例年よりも大勢のお客さまが納涼祭を楽しみにして早くからお集まりになりました。
 松ア会長の挨拶に続いて、介護職員、看護職員、ケアマネジャー、ドライバーの紹介などが行われました。
   

 施設長さんのサプライズ出演による獅子舞の出現に、お客さまは驚いたり喜んだり。大太鼓で日本一にもなった「荒川社中」の皆さんによる太鼓の演奏は見事なものでしたが、その演奏途中で突然大粒の雨に見舞われ、大変なことになってしまいました。
   

 急きょ会場を室内に変更、お客さまを安全に誘導しながらお席を確保し濡れたお身体や環境の急激な変化に気配りをし、納涼祭の再開を安心してお待ちいただけるようにとの配慮をしながら会場の設定を急ぐ職員の皆さんの懸命な姿がとても頼もしく感じられました。こんな時、私たちにできることは、お客さまに楽しんでいただくこと、そして笑顔になっていただくことです。心地よい音楽にのせて踊るフラダンスの後、第一部:一緒に歌おう古賀メロディーです。
   

 第二部:ルナ・ケンゾー&イリスによるラテンです。びっしりと会場を埋めるお客さまにもソンブレロとサラペの衣装も気に入って下さったようで、笑顔、笑顔であふれていました。
   

 音響も使わず全く生の歌と演奏でしたが、蟻のはい出るすきもないほど会場を埋めたお客さまに楽しんでいただくことができて、私たちもとても幸せでした。

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック

 


ホーム > イベント > イベント・コンサート > デイサービス松の家「挽夏の宴」 2014