ホーム > イベント > テレビ・ラジオ出演 >
2008-06-25:初稿 2008-06-27:更新

NHK長野テレビ 生出演

6月25日(水) 
 今日は、NHK長野放送局のオープンスタジオ「プラザN」からの公開生放送「ひるとくテレビプラザN」に出演です。

 4時30分、自宅を出発し関越自動車道で長野へ向かう。早朝でもあり車は少なく順調に車を走らせる。スタジオ入り9:30にはだいぶ早い到着が見込まれますが、「時間には十分にゆとりを持って」「人を待たせない。」これは私の信条の一つです。

 準備の整ったスタジオに入り、まずリハーサルです。オープンスタジオにはすでに見学のお客様が係員から説明を聞いていて、目の前で始まった音あわせや打合せの様子を、テレビの画面と見比べながらやや緊張気味に楽しそうに見つめています。

 番組キャスターの小松恵美子さんとは何回もご一緒させていただいて、優しくしっかりとした語り口と清々しい表情が可愛くて、素敵な方です。 今日は「その名はフジヤマ」と「青春日記」の2曲を歌うことになっており、カメラの位置、曲の長さなど綿密な打合せが行われました。

 何十回、何百回と歌っている歌でも本番では緊張するものです。テレビ画面のむこうで観ているたくさんの皆さんに歌・演奏と一緒に心も届きますように・・・・・。フジヤマの演奏のために修行中に師匠・アントニオ古賀から頂いたギターを持参したのが話題となり話を盛り上げてくれました。
 7月5日(水)軽井沢大賀ホール、ルナ・ケンゾーコンサートのお知らせもあり、その中で大賀ホールの建物の特異性や音響の素晴らしさをPRしていただけたのもうれしかったですね。

 笑顔の可愛いADの山崎さんはキビキビと段取りよくキューを出してくれて、気持ちよく演奏できました。

      

 皆さん、お世話になりありがとうございました。 次回もまた、よろしくお願いします。


タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック