ホーム > ルナ憲一 紹介 > ふるさと >
2019-04-13:初稿

遊砂地にしだれ桜を植樹

栃木県足利市の老人福祉施設の理事長であり、造園会社の会長でもいらっしゃる井草さんからルナ憲一のふるさとにしだれ桜の苗木を寄贈して下さいました。植樹は塩尻市下西条の遊砂地の堤防に「下西条のみどりを守る会」の皆さんの協力をいただいて行われました。

足利市を早朝に出発。会長自らトラックで運んできて下さいました。




土手には石ころがゴロゴロしています。ユンボにも活躍してもらいました。












春の農作業が始まりを告げ、超多忙のこの時期に大勢の皆さんが協力してくださいました。
井草花木株式会社・井草会長、社会福祉法人美明会・田村施設長、下西条のみどりを守る会の皆さん、ありがとうございました。心から感謝申し上げます。
「遊砂地」上流の建物や田畑などのない地帯に作られます。川の流路を広くしておいて、流れてきた土砂をそこにあふれさせることで街の中まで流れこまないようにするものです。

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック