ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2017-04-23:初稿

塩尻市北熊井城跡 天空桜

 北熊井城跡の花見の会に参加させていただきました。
 古い歴史のあるこんもりとした山城の跡で、地権者の方や地元の保存会の方々の熱意により往時の原形を留めています。そこには「天空桜」と呼ばれる大きな一本の桜が見事に咲き、北アルプスの美しい山並みが正面に見える素晴らしい光景に絶句。たくさんのこいのぼりが元気に泳いでいるのも、なかなか見られない光景です。
 皆さんに歌とギターを聴いていただきました。皆さん、喜んでくださいましたが、私も、穂高を背にして歌うという、めったにない体験をさせていただきました。





北熊井城跡ではこいのぼりが元気よく泳ぎ「天空桜」も満開です。


穂高、常念、白馬などの北アルプスを背にして歌&ギターの演奏


雲ひとつ無い空の青さが素晴らしく、心に沁み入ります。

「熊井城を語る会」の会長・武井 深さんはじめ30名の会員さんたちが、林を拓いて桜の木を植樹したり、山頂をぐるっと囲むように、やまぶきを植えて景観を整えるなど、城跡の整備と再生のために汗を流していることをうかがいました。下西条の「みどりの会」の皆さんの活動と通じるところがあり親しみを感じました。皆さんに感謝。


タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック