ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2016-03-20:初稿

塩尻市下西条 福寿草まつり

 3月20日(日)
 暖かな日が続いて、桜の開花宣言が各地で今日か明日かと思いで待たれています。ここ、塩尻下西条の朝は2℃、ひんやりとした空気に思わずブルッと震えます。
 18年前、「たまらずの池」の整備時に下西条のみどりを守る会の皆さんにより土手に植えられたたくさんの福寿草。自然のままに成長を見守り、ゆっくりゆっくりと生長し、今年の春はたくさんの皆さんに見てもらいたいと「福寿草まつり」が開催されました。

手作りの看板が掲げられ(書・足助信郎さん 絵・鈴木良明さん)。いよいよ、お楽しみの餅つきです。
   
 ルナ・ケンゾーも汗ばみながら力いっぱいぺったんぺったん。つきたてのお餅は最高にうまかったです。
   
 太陽が顔を出すと福寿草も嬉しそうに花びらを開きました。「太陽って、あったかいもんだなぁ」
   
「下西条の里山の自然を、次の代の子供達に美しいままに伝え、自然を愛する皆さんにも楽しんでもらう環境を作る。」
   
セツブンソウ、ミズバショウ、これから咲くカタクリや二輪草も楽しみです。みどりの会の皆さんのおかげです。
   
公民館で行われた慰労会に参加。ご婦人方による心づくしのお料理や皆さんとのおしゃべりで楽しいひと時でした。
   


タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック