ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > その他ルナ紹介 >
2014-04-03:初稿

新曲レコーディング風景

 スタジオクレッシェンドにて、「誰想う」「ブルースに泣く女」「母の里」のレコーディング風景です。3曲ともルナ・ケンゾーの作曲によるものです。
 満開のさくらもビックリする冷たい雨の降る日でしたが、張りつめた空気と熱気の入り混じったスタジオで、グランドハープ、サックス、ギターの音入れ、それに続く歌のレコーディングが行われました。日本エンカフォンレコード社長の小野さん、アレンジャーの道譯さん、サックス奏者の中村さん、ハープ奏者の久保さん、オペレーターの村上さん、長時間ではありましたが途切れることのない緊張感でCD製作のために取組んでいただきました。皆さん、お疲れ様でした。

 
ルナ・ケンゾーの「誰想う」ギターの音入れです。


 
聴く人の心に届きますように・・・。


 
アレンジャーの道譯さん・サックス奏者の田中さん


 
道譯さん・日本エンカフォンレコードの小野社長・

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック