ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2011-11-14:初稿

「りんご狩り」 塩尻市 蒲沼農園

11月14日(月)
 果物王国・塩尻市の我が祖国下西条では早生の桃から始まり、プラム、梨、プルーン、ラ・フランス、多種のぶどうなど、多くの果物を産出し、この時期、農家の皆さんはフジリンゴの収穫に大忙しの毎日です。
 「下西条のみどりを守る会」のメンバーでもあり、ルナ・ケンゾーのしだれ桜の手入れ等のお世話も心に掛けてくださるなど、大変お世話になっている蒲沼さんのりんご畑で、今日はりんご狩りをさせていただきました。

 蒲沼さんご夫妻が丹精込めて育て、太陽の恵みをたっぷりと受けて真っ赤に色づいたりんごたち。  ひとつひとつのりんごを見ると、どれも輝いていて、いとおしくさえ感じます。
 りんごをしっかり持って、枝の付け根からポキッと取ります。 次の季節のための花芽や葉芽もしっかりとついています。 新芽をいためないように気をつけて、ポキッ。 

   

 高い枝のりんごは太陽をたくさん受けているので、よりいっそう美味しいのだそうです。
 でも、高い所はちょっと苦手です。 子どもの頃は平気だったんだけどなア・・・・・。

   

 蒲沼さんご夫妻、美味しいりんごと楽しい時間を、ありがとうございました。



タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック

 


ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと > 「りんご狩り」 塩尻市 蒲沼農園