ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2011-10-02:初稿

作ってみました 「いなごの佃煮」

10月2日(日)
 イナゴは調理する前に箱や袋の中に一晩ほど入れて絶食状態にし、フンを出させておく必要があります。
 9月25日(木)に捕獲してから、袋にいれたまま放置しておいたイナゴですが、まだまだ元気で袋の中でガサゴソ動いています。

 イナゴの佃煮は、イナゴの最もポピュラーな食べ方です。甘辛い味付けでご飯の友に最適なおかずとして食べ続けられ、たんぱく質の摂取を助け、人々の食生活を支えてきました。

 まずは、イナゴを熱湯で下茹でしてから、フライパンで空煎りして水分を飛ばしていきます。(今回のイナゴは、空煎りした状態で50グラムでした。)

 少々の油を引いたフライパンにイナゴを入れて中火程度で炒めていきます。
 香ばしい香りが立ってきたら砂糖と醤油を入れて全体に絡めていきます。
 照りが出てきたらシ酉を入れて更にかき混ぜて、水気がなくなったら器に入れて・・・
 ハイ、出来上がりです。
 ごちそうさまでした。 感謝していただきました。 

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック

 


ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと > 作ってみました 「いなごの佃煮」