ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2010-04-29:初稿

里山の春 霧訪山登山口

4月29日(木)
 東京ではすでに桜の花も散り、強い日差しの日さえ感じられるようになったこの頃ですが、長野県塩尻市下西条付近では小雨が降ってブルッと肌寒いくらいです。
 可憐に咲くすみれの花のたくましさに感動です。
 私は澄んだ空気の中、ふるさとの心地よさに包まれています。 

 そんな中でも、この日は祭日「感謝の日」とあって、パノラマ展望で名高い霧訪山を目指す登山者の皆さんがたくさんつめかけ、登山道入り口は乗用車、バスでひしめき合っていました。 

 ルナ・ケンゾー はじめての霧訪山登山
 ルナ・ケンゾー 霧訪山へ 眺望を求めて  

 大きなリュックを背負い、重たそうなリュックを背負った方々に「霧訪山登山の楽しみは?」と訊ねると、「展望が素晴らしいから。」「おきなぐさ(チゴチゴの花)を見に行きます。」と、楽しそうに出かけて行きました。
 皆さんが頂上につく頃には雨もやんで、晴れてくれると良いですね。 


 今年もきれいに咲いています。
 二輪草の群生の中で。  



タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック