ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2009-09-19:初稿

赤沢美林(赤沢自然休養林) 散策

9月16日(水)
 秋晴れのさわやかな一日、塩尻でお世話になっている上條紘昭さんご夫妻の案内で赤沢自然休養林へ散策に出かけました。 

 赤沢森林鉄道に乗ることに。
 乗車券はとても良い香りのする「木の切符」です。
 発車を待つ間、森林鉄道記念館で、かつて林業を支えた機関車「ボールドウィン号」や皇室の視察に使われた「貴賓室」と呼ばれる客車、機関車に牽かれていった床屋さん「理髪車」などを見学しました。 

 いよいよ出発です。森林鉄道乗場から丸山渡停車場まで、1.1kmの小さな旅です。
 オープントロッコは、樹齢300年の天然林を、時速7kmでゆったりと走ります。森を渡る涼しげな風、清流のせせらぎ、木曽ひのきのさわやかな芳香を満喫しながら、歩道を行く人に手を振るのも楽しいものでした。 

 丸山渡停車場でオープントロッコを降り、帰り道は「ふれあいの道」を歩くことにしました。
 緑のシャワーを思い切り浴びながら、めずらしい花や木の実に目を留め、道川橋、呑曇渕(どんどんぶち)丸葉橋、アスナロ橋など清流に沿っての心地よい散策でした。
 清流にはゆったりと泳ぐ、山女の美しい姿が見られました。 

       





タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック

 


ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと > 赤沢美林(赤沢自然休養林) 散策