ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2008-12-06:初稿

チゴチゴの花ってどんな花?

 「翁草」 (おきなぐさ) また「ちごちご」という、かわいい呼び名でも呼ばれています。 
 春になると、可憐な花を咲かせます。
 うつむいた花の形状はまるでお辞儀をしているようで、なつかしい気分にさせてくれます。

 花期が終わると白銀色の純毛状の果実がフワフワして、まるで白い髭のように見えます。
 ルナ・ケンゾーのふるさと、塩尻市下西条でもかつては田畑の土手や霧訪山のふもと、山の尾根などいたる所にあって、身近に見られる花でした。生育環境が変わって絶滅が心配される花です。
 最近では保護された地区や庭先で大切に育てられたりと、限られた場所でしかみることが出来ません。 
 

 種子が完熟すると綿帽子のようになります。その姿はまるで白髪の頭のように見えますね。
 羽毛状の花柱を白髪の翁に見立て、「翁草」と、このように名付けられたのですね。
 可憐で控えめで、それでいてしっかりと根を張って生き抜こうとする姿に心打たれるものがあります。 


タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック