ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > その他ルナ紹介 >
2008-08-24:初稿

小松亀一法律事務所 安比夏期合宿参加

8月23日(土)
 小松亀一法律事務所恒例の夏期安比合宿が8月22日(金)〜24日(日)、岩手県八幡平市安比高原のホテル安比グランドで行われ、私も2日目の8月23日(土)〜24日(日)参加させていただきました。

 昭和40年代に各地を公演のために旅しましたが、当時はジーゼル機関車で重油の臭いの沁みた床とガタンガタンとリズムを刻む車体に揺られ8時間〜12時間をかけて大きな荷物を抱えて移動したことを懐かしく思い出します。今では東北新幹線で東京から盛岡まで約2時間半、そこからJR花輪線に乗り換え1時間余りと、乗り換えの時間を含めても約4時間程の快適な旅となりました。

 朝7時41分、大宮駅から新幹線に乗り1時間余り、ふと気が付くと車窓から見える風景に森や林、田畑の生き生きとした緑が多くを占めるようになっていました。いつ見てもホッとする風景ですね。車中で食べる駅弁も楽しみのうちです。朝食用にと買い求めた駅弁を味わい、風景を楽しみながらのアッという間の2時間でした。

 盛岡からは「JR花輪線いわて銀河鉄道」となんとも夢のある路線で、電車への乗り降りは自分でボタンを押してドアの開閉をします。分かっていたはずなのに降りる駅の安比高原駅ではドアの前でジッと待っていて車掌さんから「ボタンを押してください。」と教えられてしまいました。外は二、三日前から11月の気温だそうで、さわやかな高原を想像していましたが澄み切った空気とブルッと震えるような寒さにビックリです。

 ホテルにつき一休みの後、合宿参加者有志で安比高原ブナ林の散策です。ブナの駅で車を降りそこからブナ林の散策路を歩きます。何しろ寒いので一生懸命歩きました。ブナ林の中は穏やかで思いのほか寒さを感じることもありません。一周2キロ余りのコースを1時間くらいかけて歩きましたが、小さいながら美しく咲いている野草や、鮮やかな赤や白のキノコ、若い穂を美しく風に揺らすススキ群などを見ながらの散策で、途中、この日のために作ってくださったという特大スイカを美味しくいただき、大きな自然の中に包まれる素晴らしい時間を満喫しました。


      



タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック

 


ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > その他ルナ紹介 > 小松亀一法律事務所 安比夏期合宿参加