ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと >
2008-07-28:初稿

龍神まつり ふるさと御代田町

7月26日(土)
好天に恵まれ熱気に包まれた一日、長野県御代田町でこの日行われた龍神まつりに参加し龍神の杜広場でのイベントに出演しました。

   

 ここ御代田(みよた)町は私の生まれふるさとです。
 龍神まつりは、伝説をもとに青年団等が長さ20メートルの龍を作って舞ったのがはじまりだそうで、現在では長さが45メートル、担ぎ手が50人という日本一の「龍」で有名です。龍神の歴史・伝説については「信州御代田龍神まつり」をご覧頂きたいと思います。
 町民総参加の"おまつり"として成長を続け、また、おまつり以外にも町のシンボルとして、龍神は様々なイベントに参加するなど、こんな素晴らしいお祭りを作り上げてきた御代田町の皆さん、龍神まつり実行委員会の皆さんに感動しながらお祭りを楽しみました。

 
 駅前広場と龍神の杜を結ぶ道路は歩行者天国になりたくさんの露天が立ち並んで、大人も子どもも楽しげでそれは賑わっていました。

 
 伝説発祥の地、真楽寺で「龍」の開眼式が行われ、龍神の舞を披露したあと、御代田駅前広場や龍神の杜公園の会場で龍神太鼓保存会『鼓響』の演奏にのり最高に盛り上がりました。

 
 日本一の龍神じゃー!

タイトル  
お名前  
email  
ご感想  
ご確認  上記内容で送信する(要チェック

 


ホーム > ルナ・ケンゾー紹介 > ふるさと > 龍神まつり ふるさと御代田町